今月の表紙

トップページ

11・12月号
img

ガラスの輝き 薩摩切子

 「ぼかし」と呼ばれる美しいグラデーションと繊細なカットが魅力的な薩摩切子は、19世紀、欧米諸国が開国を強く求める中、海外交易品として開発されました。明治初頭に技術が途絶えたものの、美しい輝きを惜しむ人々の努力で1985年に復刻され、現在に至るまで、職人による手作業で製造されています。


トップページ

今月の表紙